当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

簡単な携帯サイト作成の勉強法は?

携帯サイト作成の勉強法は、主に2種類あります。
一つ目は、もうすでにPC用のサイトを作成したことがあり、だいたいのことは分かっている場合の勉強法。
二つ目は、まるっきり何もわからない場合の勉強法です。

一つ目の場合は、携帯サイトの解説を行っているサイト(hedder情報から使用できるタグまで)を見て勉強すれば、だいたい理解することができるかと思います。

二つ目のまるっきり何も分からない場合は、まずはWEBサイトの作り方から勉強されると無難かと思います。
そして、無料で使えるレンタルサーバーを借りて、htmlファイルでheader からfooterまで作り、簡単なhtmlタグとCSSを使えるまで勉強されると良いかと思います。

スポンサーリンク

レンタルサーバー

WEBサイトやブログ情報を表示させるためのコンピューター。
このコンピューターにhtmlファイルなどを入れれば、パソコンや携帯電話のブラウザでそのファイルを閲覧できます。


htmlファイル

極々一般的なWEBサイト用のファイル。
このページもhtmlファイルで出来ています。
パソコンにインストールされているブラウザで表示するための規格(htmlタグの書き方)が決まっていますので、その通りにhtmlタグを書く必要があります。


htmlタグ

htmlファイルを表示するためのに必要な情報です。
例えば、<hr>と書くと↓のような水平線が表示されます。


header

ファイル情報(こう言う形式・規格で書きますよと言う情報)を指定している部分。
これがないと情報不足で上手く表示できません。


footer

これもファイル情報を指定している部分。
このhtmlファイルはここまでですよと言う指定をしています。


CSS

CSSとはスタイルシートのことです。
スタイルシートと言うのは、デザインの指定のことです。
WEBサイトやブラウザの発生した直後は、デザインと構造物(文書とか票など)が全部一緒に書かれていました。

でも次第に、デザインと構造物を分けようと言う動きになってきました。そこでデザインはCSSで、構造物はhtmlタグで、と言う具合に分けられるようになってきました。


※注
2010年現在の携帯サイトの規格では、ほとんどのスタイルシートに対応していなかったり、スタイルシートを外部ファイルに書き込んで呼び出す外部スタイルシートに対応できてない機種がありますので、全てのキャリア・機種に対応させたい場合は、CSSの使用には注意が必要かと思います。


私は本を見ずに覚えていきましたが、分かりやすく解説されている本などがあれば、それを見ながらやるとロスが少なくできるかもです。

ちなみに、ホームページビルダーなどのソフトの中には不要なタグが挿入されてしまうものもありますので(このページはホームページビルダーで作成しましたよと言うような類のタグ)、まるごとツールに頼るのではなく、出来れば基本的なタグについては自力で勉強してから便利ツールとしてWEBサイト作成ソフトを使うほうが、後々修正などの手間がかかりにくいのではないかと思います。
(私は、初期の段階でツールに頼りすぎていたため、後々変更やら修正やらで結構な時間をとられてしまいました)


スポンサーリンク