当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

パソコン(PC)を閲覧拒否できる?

パソコンはブラウザで表示された画像の保存が楽です。
ですので、携帯サイトであるにも関わらずパソコンで訪問して、大量の画像ファイルをダウンロードしてしまうことが発生する場合があります。
(さらに、一括ダウンロードソフトを使うと、短時間に全てのファイルを根こそぎダウンロードされてしまいます)

また、画像を無断で保存されないようにするために、Flash画像を表示しても Script で画像を表示しても、CGIで画像を表示しても、Print Screen ボタンを使えば全部キレイに保存できてしまいます。

スポンサーリンク

と言うわけで、パソコンからのアクセスは嫌だ、携帯サイトからのアクセスだけに限りたいという方も、当然出てきてしまうと言うわけです。
(パソコンはPC用サイトへ、携帯は携帯サイトへと自動で振り分ける、自動振り分け機能については、PCサイトと携帯サイトを振り分けたいページを御覧ください)

そんな時に便利なのが、携帯電話からのアクセスのみに閲覧を許可できる htaccessファイル の機能です。

htaccessファイルとは、アクセスを制御できるファイルで、そのファイルをサーバー上に設置すると、htaccessファイルの置かれているディレクトリ(フォルダ)以下のファイルやフォルダの全てにその設定が反映されます。

ですので、例えば携帯サイトとして利用しているサブドメイン全体にPCサイトからのアクセスを拒否したいのであれば、サーバーのサブドメインの一番上の階層に htaccess.txt ファイルを置き、その後FTPツールなどを利用してファイル名を htaccess.txt → .htaccess へと変更してあげれば良いです。
(パソコン上ではファイル名が空白のファイルを作れないため、.htaccessへのファイル名やファイル形式の変更は、FTPツールなどを使ってサーバー上で行ないます)

ただし、このhtaccessファイルを使うためには、htaccessファイルが利用できるサーバーであることが必要です。

近年、有料のレンタルサーバーのほとんどがhtaccessファイルを利用できますが、無料のレンタルサーバーの場合、htaccessファイルを利用できないところもありますので、無料のレンタルサーバーを借りてサイト運営する場合は注意が必要です。

また、無料のブログサービスの中にも、htaccessファイルを利用できないものがありますので、無料のブログサービスを利用してブログ運営する場合も注意が必要かと思います。
(ブログサービスの場合は、有料のものでも 一応 htaccessファイルを利用出来るか確認したほうが無難かと思います)

htaccessファイルの書き方は以下の通りです。


order deny,allow ← 拒否設定を実行してから許可設定を実行すると言う意味
deny from all ← すべてを拒否すると言う意味
allow from ***.***.***.*** ← IPは全部数字 (IPv4の場合)


ところで、htaccessファイルで許可を与えるIPを指定するために、携帯電話のIP(検索サイトのクローラーも含めたい方は検索サイトのクローラーも)も調べなければならないわけですが、どのIPが携帯用でどのIPがPC用なのか分かりにくいです。

しかも、このIPの振り分けは少しづつ見直されているようで、一度設定したからと言って未来永劫そのIPで固定と言うわけでもないと言う辺りが厄介だったりします。

そこで便利なのがなのが Mobile IP htaccess Maker と言うページです。
これは実に便利な機能を提供しているページで、許可したい携帯端末や検索サイトのクローラーをチェックするだけで、htaccessファイルの中身を自動生成してくれます。

と言うわけで、PCを閲覧拒否したい場合は、htaccessファイル の中身を定期的に更新してあげると良いかもです。


スポンサーリンク