当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

画像はどうやって貼ればいい?

携帯サイトでも画像は貼れます。
私が普段から利用しているホームページビルダーなら、ドラッグ&ドロップで簡単に画像をページ内に挿入することができます。
(画像の保存してあるフォルダーがサイト外にありますと(自分のパソコン内にあるサイト用フォルダの外にあると)、ファイルをサーバーに転送した際に画像が転送されません)

タグを直打ちするのであれば・・・
<img src="file:***/***.jpg" width="***" height="***" border="***">
・・・でOKです。
*** には、所定のフォルダ名やファイル名やサイズを記入してください)

ただ、パソコンサイトであればたくさんの大きなサイズの画像を貼れるのですが、携帯サイトの場合、1回辺りのダウンロードできるファイルのサイズが決まっているものもありますので、注意が必要です。
(各社の携帯サイトのダウンロード可能なファイルサイズについて調べてから、携帯サイト作成をした方が無難かもです)

スポンサーリンク

ちなみに、私はめんどくさいので3キャリア共通の携帯サイトしか作りませんでしたが、各携帯端末(ドコモ・au・SOFTBANK)で最高のページを作るために、それぞれの携帯端末によって掲載する画像やページを変更されている方もおられるようです。

ちなみに、3キャリア共通の画像を使うのであれば、画像サイズ+ページサイズ100KBまでに抑えておくと無難かと思います。
また、ファイル形式は jpg が無難かと思います。
(2010年9月現在の状態ですので、後々仕様が変わる可能性もあります)


ファイルサイズを調べる方法

ファイル上で右クリック
     ↓
プロパティを選択
     ↓
サイズの項目を見る
(サイズの下にディスク上のサイズというのも書かれてありますが、これはディスク上でこのくらい使用しているというだけなので、気にしなくてもOKです)


まとめて数個選択し、右クリック→プロパティだと、数個分のファイルサイズをまとめて見ることができます。
ちなみに、画像作成ツールの中には、画像サイズを調べられるようになっているものが多いです。私は、Photoshop Elements を使っていますが、無料のツールでも画像サイズを調べられるものがあります。

1px × 1px は、もっとも小さいサイズです。
10px×10pxですと、1px が縦10個ぶん×横10個ぶんの大きさです。

多くの携帯サイトやブログの横幅として利用されているのは 240px ですので、1px が240個ぶんの大きさです。
画像が大きすぎますと、携帯電話のモニターからはみ出して見にくくなってしまいますので、できれば、横幅は240px以内におさめると無難かと思います。
あと、サイズが cminch ではないですので、作る際には注意が必要です。


スポンサーリンク