当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

検索サイトに携帯サイトと認識してもらえる?

携帯電話からWEBサイトにアクセスする方法は、以下の4つの方法があります。
一つ目は、元から携帯電話のブックマークに入っていたサイトへアクセスする方法です。しかしこれですと、大手のポータルサイトや公式サイトでないとアクセスしてもらえません。

二つ目は、メールに書かれたURLからアクセスする方法です。
URLだけが書かれた空メールを受け取り、そこから携帯用のサイトにアクセスします。
これはPC用のサイトと携帯用のサイトがある場合に用いられやすい手法です。

スポンサーリンク

三つ目は、リンクを辿って行く方法です。
ポータルサイトからリンクを貼られていなくとも、ポータルサイト ⇒ 1個目のサイト ⇒ 2個目のサイト ⇒ ・・・ とリンクを辿っていく方法です。この方法ですと、ポータルサイトから遠ざかれば遠ざかるほど、アクセスしてもらいにくくなります。

4つ目は、検索サイトの検索結果からサイト訪問する方法です。
これですと、目的にマッチしたお客さんや新規のお客さんに来てもらいやすくなります。

では、検索結果に載るにはどうしたらよいかと言いますと、他所のサイトからリンクを張ってもらえば良いのです。相互リンクによりリンクを貼ってもらったり、良い記事やツールを作成して紹介リンクを貼ってもらったりと、方法は色々とあります。

次に必要なのは、このサイトは携帯用のサイトですと、検索サイトのクローラーに知らせることです。クローラーとは、インターネット上に散らばっているサイトやブログの情報をかき集めるコンピューターのことを言います。

このクローラーには、携帯用(モバイル)とPC用の二つがあります。
(2010年9月現在は) Googleモバイルと言う携帯電話用の検索サイトで検索しますと、PC用とモバイル用の二つの結果が表示されます。

モバイル用のサイトしか閲覧できない方は、当然、この検索結果からモバイル用の結果を選択して閲覧します。
ですので、検索サイトのクローラーに 『ここは携帯電話用のサイトですよ』 と教えてあげることが重要になってきます。

ではどうすればよいのか。
私も以前悩んだのですが、普通にモバイルサイトを作っただけではモバイルサイトとして検索サイトのクローラーに認識してもらえなかったですので(PCサイトとして認識されてしまったので)、Google Webマスターツールを見ますと、どうやら携帯サイト用の書式に則ってサイトマップ を作れば、携帯サイトとして認識してもらえるようでした。
(header情報を携帯サイトのものにしておくことも大切です)

と言うわけで、モバイルサイトの書式に準じた新しいサイトマップを作り、サーバー上にUPした後、Google Webマスターツールで設定しますと、無事携帯サイトとして認識してもらえたのでした。


※ 注
ここで書いているサイトマップとは、htmlファイルで書かれた一般的なサイトマップではなく、検索サイトのクローラーのためのXMLファイルで書かれたサイトマップです。
書式は以下の通りです。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0">
<url>
<loc>http://******.***/******/******.html</loc>
<lastmod>2010-09-01</lastmod>
<changefreq>Weekly</changefreq>
<priority>0.3</priority>
<mobile:mobile />
</url>
</urlset>

私は一つ一つのページをこうやって書いていくのがめんどくさいので、パッとサイトマップ生成と言うソフトウェアを使わせてもらっています。
これはすごく便利なソフトで、あっという間に携帯サイト用サイトマップを作成してくれます。


スポンサーリンク