当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

携帯用のメールフォームは作れる?

サイトやブログを運営していて困ることの一つに、スパムメールの存在があります。
スパムメールは厄介で、いくら受信拒否しても山のように送られてきます。
(そして、そのうち受信拒否のリストが一杯になり手の施しようがなくなると・・・)

これを防止するのに有効なのが、メールフォームです。
メールフォームを使えば、メールアドレスがスパムメールを送りつけてくる業者に発見されにくくなり、スパムメールが送られてきにくくなります。

スポンサーリンク

そんなわけで、多くのPCサイトがメールフォームを設置しています。
では、携帯用のメールフォームは?と思うのですが、携帯用のメールフォームもPCのメールフォームのように設置することが可能です。

作り方は2通りあります。


一つ目は、既存のメールフォームサービスを利用する方法です。
この方法ですと、メールフォームサービスの会社でアカウントを開設して、ヘルプページを見ながらメールフォームを設置するだけです。

ただ、通常この手のメールフォームはメールフォームに広告が貼り付けられていますので、広告無しのメールフォームにしようとすると、有料版のメールフォームサービスを利用する必要が生じます。

また、メールフォームサービスの利用規約の改定サービスの停止などによって、別のメールフォームサービスへの変更などの手間がかかってしまうことがあります。


二つ目の方法は、インターネット上で公開されているメールフォームの CGI や PHP をダウンロードして使用する方法です。(これは、使用中のレンタルサーバーが CGI や PHP ファイルを使えると言うことが前提ですので、CGIやPHPに未対応の無料のレンタルサーバーを利用している場合は、設置できない可能性もあります)


私が携帯サイトで利用させて頂いているメールフォーム (KUROHAMA)


この時気をつけなければならないのは、メールフォームの商用サイトでの利用についてです。一般のサイトでは無料でも商用サイトでの利用に関しては有料とされているケースもありますので、利用規約をしっかりと確認する必要があります。

ただし、商用サイトでの利用も無料だとか、商用サイトについては特に記述されていないメールフォームもありますので、インターネット上で公開されている無料のメールフォームの CGI や PHP を商用サイトで利用したい場合は、根気よく探してみられると良いかと思います。

もう一つ気をつけなければならないことは、予めメールフォームの CGI や PHP を公開しているサイトへのリンク著作権表示が入っている場合は、それらの表示を消さないようにすると言うことです。

CGI や PHP を公開しているサイトは無料で CGI や PHP を公開する代わりに、自サイトへのリンクが貼られることによりサイトの評価(検索順位)を上げたり訪問者を増やしたいと思っているものですし、著作権表示を入れて自分が作ったと言うことを示しておきたいと言うこともありますので、こう言うのは消さないことが大切です。

ちなみに、二つ目の方法でメールフォームを設置する場合は、まったくhtmlファイルやCGIファイルやPHPファイルなどの知識が無い場合設置が難しいかと思いますので、ある程度の知識がつくまでは、無料のメールフォームサービスを利用する方が無難かと思います。

あと、文字化けのページでも書きましたが、ダウンロードしてきた CGI や PHP ファイルでメールフォームを使う場合は、初期設定の文字コードによっては文字化けしてしまう可能性もありますので、付属のreadme.txtヘルプページを見て、文字コードを確認してから設置したほうが無難かと思います。


スポンサーリンク