当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

携帯サイトの文字化けは直せる?

文字には文字コードというものがあります。
Shift_JISUTF-8EUC-JP などがそうです。

これらの文字コードは文字の並びが異なるため、使用してはいけない文字コードを使用してしまうと、文字化けする原因になってしまいます。

これは、携帯サイトブログでも同様です。
Shift_JIS でしかちゃんと表示されないのであれば Shift_JIS で携帯サイトやブログを作成せねばなりません。

スポンサーリンク

携帯サイトを作るときに気をつけねばならないことは、携帯電話はメーカごとに使用できる文字コードが違うということです。

このことによって、3キャリア共通の携帯サイトを作るときの文字コードも自ずから絞られてきてしまいます。

現在(2010年9月)、3キャリア共通の文字コードで使用できるのは、Shift_JIS しかありません。と言うわけで、3キャリア共通のサイトを作るのであれば、Shift_JISを使うようようにしたほうが無難かと思います。

とまあ、普通のサイトはShift_JISで作成すればOKなのですが、インターネット上で無料で公開されている PHPCGI をダウンロードして使用する場合、予め設定されている文字コードが Shift_JIS でない場合は、文字化けしてしまったり、携帯で上手く作動しないことがあります。

ちなみに、私がはまり込んだのは、以前使わせていただいていたインターネット上で無料で公開されている携帯サイト用のメールフォームです。

その文字設定には少し苦労しました。
通常、文字コードの設定箇所はヘルプページ付属のreadme.txtファイルなどに書かれてあるのですが、もし文字コードの設定場所がわからずに困ったときは、データのバックアップをとった上で、文字検索でUTF-8やEUC-JPなどのコードが書かれている場所がないか探し、UTF-8やEUC-JPなどのコードが書かれているのを発見したら、Shift_JISに書き換えると Shift_JIS で動いてくれるようになるかもです。

ただし、このやり方ですと、最悪の場合CGIが暴走し、サーバ会社からゴルァ!!!ヽ(`Д´)ノとお叱りを受けてしまいますので(酷い時には契約解除させられる可能性も)、CGIやPHPがよくわからなかったり、文字コードを書き換える場所がよくわからない場合は、別のCGIやPHPを探したほうが無難かと思います。


スポンサーリンク