当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

携帯サイトでも独自ドメインは使える?

携帯サイトでも独自ドメインでの運用ができます。
ドメインの取得レンタルサーバーの設定などは、普通のやり方でOKです。
(私はムームードメインと言うドメインの取得代行会社でドメインを取得し、ヘムテルと言う有料のレンタルサーバーを利用しています)

ただ、携帯サイト用のドメイン(せいかくには携帯サイトっぽいドメイン)の『 .mb 』がありますので、携帯サイトっぽいドメインがよければ、それをご利用になるのもありかもです。

スポンサーリンク

ところで、PCサイトと携帯サイトを一つの独自ドメインやサブドメインで混ぜて運用している場合、トラブルや不具合が発生する可能性がありますので、注意が必要かと思います。

と言うのも、htaccess ファイルの設定ftpaccess ファイルの設定などは、フォルダーの下の階層にまで影響が及んでしまうからです。
ですので、複数のサイトを運営される際は、その辺りのことについて、予め予定を立ててからサイト作成されると無難かと思います。


独自ドメインによる運用の仕方

1. 独自ドメインをそのまま使う
root directory  独自ドメイン・PCサイト用 (http://***.***/)
 独自ドメイン・携帯サイト用 (http://***.***/)
 独自ドメイン・PCサイト用 (http://***.***/)

2. 独自ドメイン+サブドメイン
root directory 独自ドメイン
(http://***.***/)
 サブドメイン・PCサイト用
 サブドメイン・携帯サイト用
 サブドメイン・PCサイト用

3. 独自ドメインとサブドメインの混在型
root directory 独自ドメイン
(http://***.***/)
index.html (独自ドメイン・PCサイト用)
aa.html (独自ドメイン・PCサイト用)
 独自ドメイン・PCサイト用 (http://***.***.***/)
 サブドメイン・携帯サイト用 (http://***.***.***/)
 サブドメイン・PCサイト用 (http://***.***.***/)

この中で問題を生じやすいのは、3の独自ドメインとサブドメインの混在型 です。
2の独自ドメイン+サブドメインや、1の独自ドメインをそのまま使うのは、サイトごとに設定をできますし設定が混ざり合わないので、混乱しにくいです。

でも、3の独自ドメインとサブドメインの混在型は、htaccess ファイルの設定やftpaccess ファイルの設定などが混ざりやすく、後々トラブルが生じる可能性があります。


と言うわけで、予めサイトが大きくなっていくことが予想される場合は、ドメインの運用方法についても考えながら、サイト作成して行った方が無難かもです。
ちなみに、ここのところを後で変更するとなりますと、色々と残念な事が起こる可能性もあります。


私が経験した残念な出来事

【塩漬け姉さん的】 独自ドメインへの道

サンドボックスエフェクトの恐怖

【続】 サイト移転の恐怖

【続々】 サイト移転の恐怖


スポンサーリンク