当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

ショッピングサイトにしたい

携帯サイトでもショッピングサイトはできます。
携帯から手軽に商品の購入が出来るとあって、近年人気が上昇してきています。

ただ、ショッピングサイトを運営するのであれば、セキュリティ対策は万全でなければならないで、セキュリティに関しての知識が必要となります。
(運営するサイトやシステムにセキュリティの穴があるとハッキングの対象となり、顧客情報が流出するなどのトラブルが発生することもあります)

スポンサーリンク

また、決済システムに関する知識や商取引についての知識も必要ですので、これらの事柄について勉強する必要があります。

でも、アフィリエイトを利用したショッピングサイトであれば、決済や実際の商取引に関してはさほど知識は必要としません。
何故なら、実際の決済や取引はECサイト側が行うからです。

そのようなわけで、同じショッピングサイトにするのであれば、アフィリエイトを利用したショッピングサイトが楽であるかと思います。

ただ、難点があるとすれば、ECサイトが ASP (ECサイトとアフィリエイターを仲介したり、成果レポートを表示したり、アフィリエイターに報酬を支払ったりする会社)を脱退することでリンクの貼りなおし作業が生じてしまうことがあったり、実際に販売を行うよりも利益がかなり少ないだとか、ある日突然、ECサイトから提携を解除されてしまうことがあると言うことです。

ただ、アフィリエイトは在庫を持つリスクが無いですし、決済システムや商取引について知識をそれほど持っていなくとも参加しやすいですので、その点では、先ほどの難点を穴埋めするに充分なのではないかと思います。

ちなみに、アフィリエイトは ASP や ECサイト によって規約や罰則などが異なります。
例えば、プライバシーポリシーの掲示が必要だったり、アフィリエイト広告を貼っていることを明示せねばならなかったり、タグの変更についての規約などです。

ですので、アフィリエイトに参加したりアフィリエイトタグを貼る前に規約などをよく読み、トラブルが発生しないようにした方が無難かと思います。
(それでも、商取引や決済についての勉強をするよりかはずっと楽だとは思いますが)

ところで、通常のショッピングサイトであれば、自分で在庫を持つ必要がある反面、レンタルサーバーの基準や法律や条例に触れなければ何を売っても構いませんし、どんな記事を掲載していても構いません。

でも、これがアフィリエイトの場合、商品を実際に販売するECサイトが良いと思われる基準のサイトしかアフィリエイトに参加できないため、アフィリエイトでショッピングサイトを作る際は、コンテンツやアフィリエイトで紹介する商品には気をつけた方がよいかと思います。


スポンサーリンク