当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

色々な機能を使いたい

携帯サイトでも、CGIPHP などを使って色々なことができます。
しかも、近年は携帯サイト用の多くの CGI や PHP がインターネット上で無料で公開されていますので、CGI や PHP の使い方がよくわからない方でも使いやすくなってきました。

また、携帯サイト(ブログ)であってもPCサイトと同様に htaccessファイルでアクセス制限をかけたり、掲示板ブログショッピングサイトなどを作ることができます。

スポンサーリンク

普通、これらのことをするために必要な CGI などはインターネット上に無料で公開されていますので(高機能で非常に便利なものは有料のことが多いですが)、検索して調べれば見つけることができます。

ただ、たとえやり方が分かったとしても、適切な CGI や PHP がインターネット上で公開されているのを見つけても、それを動かせるレンタルサーバーがないと、絵に描いた餅状態になってしまいます。

特に、無料で使えるレンタルサーバーは使える機能が大幅に制限されていたりしますので、後々確実に色々なことをしたい、またはする予定である場合は、安くとも有料のレンタルサーバーの方が無難かもしれません。

ところで、有料のレンタルサーバーでも使える機能に差が出る場合があります。
それは、PHP やCGI のバーションに差があるからです。

PHP や CGI を作動させるためのプログラムは、利用中のレンタルサーバーのサーバー内にインストールされていますので、レンタルサーバーの利用者がそれらの機能を利用出来るわけですが、中には、このインストールされている PHP や CGI をいつまで経ってもなかなかバージョンアップしてもらえないレンタルサーバーがあります。

そのようなわけで、最新のPHPやCGIのバージョンが使えるレンタルサーバーをご利用になると、CGI や PHP を使えないトラブルに巻き込まれにくくなるかと思います。


CGIやPHPのバージョンの確認方法

1. 自分が借りたいレンタルサーバーをいくつかリストアップする
2. 各レンタルサーバーの仕様が書かれたページを見る
3. PHP や CGI やデータベースなどのバージョンを確認する
4. より CGI や PHP のバージョンが高いレンタルサーバーをリストアップする


ただこの方法ですと、いつもは対応が遅いのにたまたま調査した時は対応に差がなかっただけかもしれませんので、掲示板やコニュニティサイトなどを覗いてみて、対応の速さを調べてみるのもひとつの方法かと思います。

あと、※ データベースを使った CGI の場合は、データベースが使えないと動かすことができませんので、データベースを使った CGI を使う場合は、データベースを使えるレンタルサーバーが必要です。(通常、データベースは無料のレンタルサーバーでは使えませんが、普通のクラスの有料のレンタルサーバーでは使えることが多いです)


※ データベース
HTMLファイルは全部のデータをファイルの中に書き込んであるので、ブラウザでページを開くとデータごと全部表示されるのですが、データベースを使った CGI でページを表示する場合は、CGI が動作を担当し、データベースからデータのみを引っ張ってきて表示します。

ただ、CGI の中にはデータベースからではなくサーバー上の普通のファイルからデータを引っ張ってくるものもありますので、使いたい CGI がデータベースからデータを引っ張ってくるのかサーバーの普通のファイルからデータを引っ張ってくるのか調べたほうが無難かと思います。

ちなみに、簡単な CGI はサーバー上のデータで済むことが多いですが、高機能で大量のデータを保存する必要のある CGI ほどデータベースを使うことが多いです。


スポンサーリンク